ビル売却脱税で組長起訴=26億円所得隠し−東京地検(時事通信)

 東京・銀座のビル売却などで得た約26億円の所得を隠し、約8億円を脱税したとして、東京地検特捜部は9日、法人税法違反罪で不動産会社「湊開発」の実質経営者で指定暴力団稲川会系組長の張富夫容疑者(60)を起訴した。同社社長(53)は起訴猶予処分とした。
 起訴状によると、張容疑者は架空経費を計上するなどの手口で、2005年12月期の同社の法人所得約26億7700万円を隠し、法人税約8億200万円を脱税したとされる。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕現金ざくざく! 脱税摘発
建築設計会社社長ら逮捕=3000万円脱税容疑
「梁山泊」実質経営者を起訴=2億8000万円脱税
OLC、純利益過去最高=法人税などの減少が寄与-4〜12月期
マルチ3社、90億円所得隠し=ネット上の仮想空間ビジネス

鳩山首相「小沢幹事長は説明責任を果たした」 陸山会の政治資金規正法違反事件で(産経新聞)
天皇陛下、体調崩される 風邪の症状など(産経新聞)
冥王星 赤や黄などまだら模様に NASAが画像公開(毎日新聞)
雪で車100台以上立ち往生、76人避難…新潟(読売新聞)
翌年度納入・差し替え…横浜市不正経理3億円(読売新聞)
[PR]
by sstsg0sm1b | 2010-02-10 16:29


<< GSK、日本市場で高成長(医療... バルチックカレー運営会社の関係... >>