小沢氏、不起訴の方針=関与立証、困難と判断−4日、嫌疑不十分・東京地検(時事通信)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」をめぐる政治資金規正法違反事件で、東京地検特捜部は3日、小沢氏を不起訴処分とする方針を固めたもようだ。最高検などと同日協議した結果、衆院議員石川知裕容疑者(36)らとの共謀について、立証が不十分と判断したとみられる。
 特捜部は、拘置期限の4日に石川容疑者と小沢氏の公設第1秘書大久保隆規容疑者(48)を起訴し、小沢氏を嫌疑不十分で不起訴処分とする方針。
 元私設秘書池田光智容疑者(32)については、関与の程度を慎重に検討し、処分を決める。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜4億円「知人から預かった」〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘〜経産省と組んだ菅副総理〜
難問山積 問われる首相の決断力〜普天間、小沢氏団体問題にどう対応?〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機

防衛省が「友愛ボート」構想 医療支援と文化交流(産経新聞)
八ツ場ダム建設中止求め声明=千葉県弁護士会(時事通信)
夕方閣議で陛下にご負担 官房長官「宮内庁と相談して対応したい」(産経新聞)
告訴状に虚偽の日付記入、警部補書類送検…千葉(読売新聞)
<山崎拓氏>離党しない意向表明(毎日新聞)
[PR]
by sstsg0sm1b | 2010-02-09 02:42


<< バルチックカレー運営会社の関係... 4億円「知人から預かった」=土... >>