4億円「知人から預かった」=土地購入翌年の入金−再聴取に小沢氏供述(時事通信)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる事件で、購入翌年の2005年に陸山会へ入金された4億円の原資について、小沢氏が東京地検特捜部の2度目の聴取に対し、「知人から預かった現金だった」と説明したことが1日、弁護人の話で分かった。
 この4億円は、陸山会が土地を購入した翌年の05年3月に同会の口座に入金され、5月に全額が引き出されていたことが判明している。
 小沢氏の弁護人によると、同氏は2度目の聴取に対し、この4億円の原資について、「既に死亡している知人から預かった現金だった。引き出してすぐに返した」と説明したという。
 弁護人によると、知人から預かったのは入金の直前で、入金するまでの間は小沢氏の事務所で保管していた。 

小沢幹事長の政治団体から 多額の講演料もらうマスコミ人たち(J-CASTニュース)
妻暴行死で夫に実刑=弁護人「裁判員に理由聞きたい」−仙台地裁(時事通信)
都内でも積雪か 関東甲信で昼過ぎから2日未明に雪(産経新聞)
子ども手当で政府批判=石破自民政調会長(時事通信)
<入試問題ミス>関西学院大で「化学」の問題文に誤植(毎日新聞)
[PR]
by sstsg0sm1b | 2010-02-08 08:50


<< 小沢氏、不起訴の方針=関与立証... 新宿区が障害給付の申請拒否で謝... >>