11年前にも男性殺害か=経営者強殺事件の被告ら−3人再逮捕へ・宮城県警(時事通信)

 仙台市の風俗店の男性経営者=当時(30)=が殺害され、現金約5000万円を奪われた事件で、強盗殺人などの罪で起訴された一部の被告が「(11年前に)別の男性も殺害した」などと供述していることが18日、捜査関係者の話で分かった。宮城県警暴力団対策課などは早ければ月内にも、殺人容疑で被告らの逮捕に踏み切るもようだ。
 新たな殺人容疑が浮上しているのは、笹本智之(35)=強盗殺人罪などで起訴=、菅田伸也(31)=同=両被告ら3人。
 捜査関係者らによると、3人は共謀の上、1999年1月31日に知人の打田篤史さん=当時(33)=を東京都中野区内のアパートで殺害し、遺体を仙台市太白区の秋保大滝近くの山林に遺棄した疑いが持たれている。
 同山林では昨年、一部容疑者の供述に基づき人骨が見つかっており、DNA型鑑定の結果、既に打田さんのものと確認されていた。 

【関連ニュース】
【動画】ティファニー強盗、映像公開
千葉県警警部、フィギュア万引き=現行犯で逮捕
「待ち伏せし暗証番号聞いた」=ATMの男が供述
裁判長「実刑意見あった」と説諭=猶予判決、評議に言及
コンビニ強盗を偽装、現金盗む=約18万円、店員ら逮捕

夫婦別姓制度を導入=非嫡出子の相続差別撤廃−民法改正案(時事通信)
息子名義の口座に現金入金=滋賀県幹部の収賄事件−県警(時事通信)
<三寺まいり>冬の情緒楽しんで…岐阜・飛騨の縁結び行事(毎日新聞)
荒れる国会「ドラ息子」「すねに傷」 やじに傍聴人は「声聞こえぬ」(産経新聞)
医療分野への緊急保証制度の適用を要望―四病協(医療介護CBニュース)
[PR]
by sstsg0sm1b | 2010-01-21 18:31


<< <人事>法務省(18日)(毎日新聞) <新型インフル>「殺到」など課... >>