大久保被告の弁護人が特別抗告(産経新聞)

 西松建設違法献金事件で公判中の小沢一郎民主党幹事長の元公設第1秘書、大久保隆規被告(48)について、東京地裁(登石郁朗裁判長)が小沢氏の資金管理団体「陸山会」をめぐる事件を起訴内容に加える訴因変更を認めたことに対し、大久保被告の弁護人は27日、地裁の決定は憲法違反だなどとして、最高裁に特別抗告を申し立てた。

住基カード発行、445万枚=普及率は3.5%―総務省まとめ(時事通信)
インフル定点は横ばい(医療介護CBニュース)
<ひきこもり>相談者の8割に精神疾患 厚労省まとめ(毎日新聞)
<人事院>新規採用者を抑制 11年度は13人に(毎日新聞)
婚姻届偽造し連れ子の娘と…57歳男を不起訴(産経新聞)
[PR]
by sstsg0sm1b | 2010-05-28 17:13


<< 民間委託の介護関連施設調査、昨... 交際女性の同意なく堕胎=薬点滴... >>