首相、武器使用基準の緩和に否定的 PKO(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は17日午前、岡田克也外相が国連平和維持活動(PKO)に自衛隊が参加する際の武器使用基準の緩和に前向きな姿勢を示したことに関し、「政府として必要ならば検討することもあり得るが、今の段階で、個人として見解を変える発想は持っていない」と述べ、否定的な考えを表明した。首相公邸前で記者団の質問に答えた。

【関連記事】
ハイチPKOの日韓中比較でみる「援助と戦略」
東ティモールPKO、1年延長
ネパールPKOへの自衛官派遣を4カ月間延長へ
アフガン支援 治安確保にどう協力する
ハイチ大地震の復興支援で日本に謝意 国連事務総長 
20年後、日本はありますか?

運転士判断で急停止 鶴見緑地線の運行トラブル(産経新聞)
<強風>札幌で33.3メートル 3月の観測では最大記録(毎日新聞)
タクシー運転手の頭殴った容疑、福岡県職員逮捕(読売新聞)
八ツ場ダム湖面橋の建設継続=住民の意向に配慮−前原国交相(時事通信)
<囲碁>飛田さんが女流アマ選手権初優勝(毎日新聞)
[PR]
by sstsg0sm1b | 2010-03-23 15:12


<< 免許照会で元不倫相手の住所探る... 「日勤教育」JR西への損賠支払... >>