「日勤教育」JR西への損賠支払い命令確定(読売新聞)

 JR西日本がミスをした運転士らに課した「日勤教育」で屈辱的な扱いを受けたとして、社員3人が同社などに計660万円の損害賠償を求めた訴訟の上告審で、最高裁第1小法廷(宮川光治裁判長)は原告、被告双方の上告を棄却する決定をした。

 決定は11日付。同社などに対し、運転士と車両管理係の計2人に計90万円を支払うよう命じた2審・大阪高裁判決が確定した。

 2審判決によると、運転士は2003年、脇見をして漫然と運転したなどとして、45日間にわたってリポート作成などの日勤教育を受けた。車両管理係は04年、業務に対する緊張感を欠いたとして、除草作業など12日間の日勤教育を受けた。

 同判決は、運転士への日勤教育について、「達成目標が明示されないなど、教育に関する裁量を逸脱し、違法」と指摘。車両管理係への日勤教育は必要性がなかったと判断した。

「消えた年金」回復ペース落ちる=ベテラン減り効率悪化−日本年金機構(時事通信)
「第三者の関わる生殖技術について考える会」が発足(医療介護CBニュース)
ケージ、すき間だらけ=新たに142カ所−構造上の問題か・環境省(時事通信)
准看受験可など提言―EPA受け入れで四病協(医療介護CBニュース)
切手1枚偽造に1時間 会社社長を逮捕(産経新聞)
[PR]
by sstsg0sm1b | 2010-03-19 05:08


<< 首相、武器使用基準の緩和に否定... <築地移転>土壌汚染除去の実験... >>