女子学生にセクハラ、米国籍教授を諭旨退職(読売新聞)

 安田女子大(広島市安佐南区)が、米国での見学旅行中に女子学生にセクシュアル・ハラスメント(性的嫌がらせ)をしたとして、文学部の米国籍の男性教授(52)を諭旨退職処分にしていたことがわかった。

 処分は2月15日付。

 同大によると、男性教授は昨年9月から6か月間の米国での留学研修プログラムに2年生約50人を引率。昨年12月、見学旅行で訪れたサンフランシスコのホテルで、女子学生にセクハラ行為をした。同大は1月に女子学生からメールで相談を受けて調査、セクハラと認定した。男性教授は「そのような行為はない」と話しているという。

 吉野昌昭学長は「学生や皆様に深くおわびします。再発防止に全力で取り組む」とコメントしている。

首相動静(3月4日)(時事通信)
<裁判員裁判>「胸締め付けられる」無期判決の裁判員が吐露(毎日新聞)
<谷垣総裁>「民主は濁った水」(毎日新聞)
進次郎氏が鳩山政権痛烈批判「マニフェスト違反の金メダル」(スポーツ報知)
新茶摘み 静岡・島田のハウス茶園で始まる(毎日新聞)
[PR]
by sstsg0sm1b | 2010-03-10 02:36


<< 長崎県コンドーム販売規制条例 ... 大手出版社がキンドル接近? 電... >>