病腎移植、2例目となる手術実施 宇和島徳洲会病院(産経新聞)

 徳洲会グループは3日、愛媛県宇和島市の宇和島徳洲会病院で、腎臓がんの妻から摘出した腎臓を慢性腎不全の夫に移植する臨床研究2例目となる病腎(修復腎)移植手術を万波誠医師(69)の執刀で実施した。

 同病院によると、手術はこの日午前から始まり、妻から腎臓を摘出。がんを切除するなど腎臓を修復した後、夫へ移植した。手術時間は準備などを含め約7時間。がんが、血管が集中する部分にあったため時間がかかったという。

 親族間での初の移植となったが、夫婦の術後経過について万波医師は「いまのところうまくいっている」と話した。

 夫婦は福岡県内に住むいずれも50代。2月に妻の腎臓から直径約4センチ以下のがんが見つかり、夫が慢性腎不全で人工透析を受けていたことから、夫婦で病腎移植手術を希望した。

【関連記事】
妻から夫へ病腎移植、摘出手術始まる 宇和島徳洲会病院
73歳女性、病腎移植めぐり市を提訴
病腎移植名誉毀損訴訟 万波医師側、録音テープ提出へ 松山地裁
病腎移植再開 執刀医が記者会見 「捨てる腎臓の再利用であり、いいことだ」
病腎移植再開 臨床研究第1例目 宇和島徳洲会病院
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

「ご当地グルメ」をブランド化=名物料理、商標登録を支援−農水省(時事通信)
<仙谷戦略相>NPOへの寄付促進…「税額控除方式」に意欲(毎日新聞)
普天間移設、3月中に政府案決定…首相明言(読売新聞)
寝たきりの79歳妻、夫に首絞められ重体(読売新聞)
太平洋全域に津波警報、ハワイで4・8mの恐れ(読売新聞)
[PR]
by sstsg0sm1b | 2010-03-06 23:13


<< 大手出版社がキンドル接近? 電... <普天間移設>東富士分散案に3... >>